DiaryLet's go! 楽しいお店 LIFE

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
今日から情報誌に掲載することにしました!

担当の方がとても親切な方で、とても良い原稿ができたと思っています。
写真も、なんかかなりイイ感じ?
だと思うんですけどどうですかね?

ウチは今まで口コミ・ご紹介とかインターネットから……という感じでやってきていたので、こういうのに載せるのはなんかドキドキしますね~~!

どんなお客様が来て下さるのでしょうか???
ワクワク&ドキドキです。

Newスタッフも今日から登場です!
(近々ホームページのセラピスト紹介コーナーにも登場予定です!)


さあ~ガンガン行きますよ~!

あっっていうか、リラクゼーションなので「ガンガン」てのはちょっと変ですかね……?


BGM : La Maison de Mon Reve / CocoRosie
スポンサーサイト
ピョン!


ドスン!


幼い日の僕は、朝起きてすぐ、2段ベッドの上から飛び降りるのが日課になっていました。
下の段は妹が寝ています。僕は上の段……はしごを使って降りるのではなく、いつも飛び降りていました。
まあ、子供だったので元気が余っていたんでしょう。


ピョン!


ドスン!!


……左膝が痛い。

母親が病院に連れて行ってくれました。
その小さな病院の先生は、すぐに大きな病院に行きなさいと言いました。
子供の僕には、その緊迫感がよく分かりませんでした。
ただ、その大きな病院の先生は、検査の後、僕を待合室で待たせて、母親と何か、2人で話したようです。
診察室から出てきた母親が、明らかに涙を流していることだけは、僕にも分かりました。

すぐに入院です。

どうやら僕は、左足を付け根から切断しなくてはいけないそうです。
そして、先生が言うには、2週間前にも同じ症状の若い男の人の足を切断したので、まず間違いはないそうです。

すぐに、入院です。

先ほど先生が言っていた若い男の人が、松葉杖をついて歩いているのが見えました。

確かに、左足が、ありません。

母はもう泣いてはいませんでしたが、夜になると家に帰っていきました。


夜になって、小さな僕は泣きました。
ただ、怖かったのです。
小さな僕には状況が理解できず、ただ、怖くて、泣きました。

夜中、寝付けずに、トイレに行きました。
薄暗い病院のトイレで、さっきの若い男の人と出会ってしまいました。

やっぱり、左足がありません。

僕も、そうなるのかな?

怖くなって、急いで病室に戻って、また、泣きました。


ある日、病室でテレビを見ていると、片足の男の人が水泳をやっていました。
僕も退院したら、水泳を頑張ろうと思いました。
別に水泳が好きだったわけではありません。
ただ、「片足でもできること」がしたかったんだと思います。

またある日、母親と病室でテレビを見ていました。
とても面白い、たぶん、ドリフの全員集合!かなんかだったと思います。
ただ、その時間はイヤホンをつけなくてはいけないので、母親は音の出ない画面を見つめるばかりです。
僕は、面白いから聞いてみな、と、イヤホンを外して渡しました。
母は、ただ、黙って、首を横に振るばかりでした。
そのときの悲しそうな微笑は、深く心に残っています。

僕は、水泳のテレビを見てから、片足がなくなることに対して少し前向きに考えられるようになりました。
子供だったから素直だったんでしょう。
「あのテレビの人のように、僕も頑張ろう。」と思っていました。

両親はその頃、深く深く、悲しみの淵に沈んでいたと、何年か経ってから聞きました。
僕は、片足がなくなるだけだと思っていましたが、両親と先生が僕に言わなかったこと――それは、僕の命の時間も、もう、残り少ないということでした。
長くても、あと、数年…。
子供は病気の進行が早いから、もう、長くはもたないだろうと言われたそうです。

父親は、せめて最高の義足をつけてやろうと、ドイツからカタログを取り寄せてくれたそうです。
母親が、音の出ないテレビをずっと見ていたこと、悲しそうに微笑みながら、首を横に振ったこと――今となっては少しだけわかります。
せめて、テレビくらいは好きに見させてやりたいと思ってくれたのでしょう。
先が短いと言われた息子を前にして、一体どんな気持ちで僕を見つめてくれていたのでしょう?
母親は、本当に、強く、愛情に溢れていると、後になって気づくのでした。



何故、僕は生き延びたのか?

詳しい理由は分かりません。どんなに両親が問いただしても、先生は教えてくれなかったそうです。もしかしたら、先生にも分からなかったのかも知れません。

ただ、僕は今でも健康に生きています。
手術室から僕が出てきたとき、両親は僕の顔を見るよりはやく、僕にかけられていたシーツをめくったと言いました。

「足がある!」


退院の日、僕は、母親の運転する車に乗せられました。
そして、久しぶりに見る外の景色を楽しむフリをして、母親に分からないように泣きました。

久しぶりの学校の日、その日は、父兄が参観する班ごとの発表会の日でした。
僕らの班は歌を披露することになっていたようでした。
「大きなのっぽの古時計」です。
僕は、歌えません。
ずっと入院していましたから。
みんなの前で歌いながら、僕は、今度は、人目もはばからずに、泣きました。
ある子のお母さんが言いました。
「あの子は、歌が上手に歌えないから泣いているのね。」
でも、本当はそうじゃなくって、また、こうして、みんなと一緒にいられることが嬉しかったんです。
凄く、嬉しかったんです。



なんで、僕は、生き延びることが出来たんだろう?

今でも、ふとした時に、思います。

書き換えることのできないこの過去の出来事は、ふとしたときに僕の頭に蘇っては、僕に「生きること」の意味を問いかけるようになりました。

ただ、いつも僕はこう思うのです。

「まだ、僕は生きている。健康に、五体満足に生きていられる。それ以上、なんの問題があるの?一体、なんに不満があるの?」

と。

「ただ、生きていられることに感謝しないで、文句ばっか言ってたってダメじゃん?」

って。


今日は、何故だか、そんなことを思い出しながら仕事をしていたのです…。


BGM : BGM : さよならストレンジャー / くるり
偶然というかなんというか、先日いらっしゃったお客様とは約20年振りくらいの再会でした。

僕がこういう店をやっているとは知らず、お互いビックリ、そしてちょっと不思議な気分でした。

正直に言って完全に頭の中からすっかり抜け落ちていた方との偶然の再会……いやホント、貴重な体験させて貰いました。

この先こんなことは、そうそうないでしょうねえ…。

閉店準備をしつつベランダでだらだらしていると、これまた偶然、下から手を振ってくる方が……お客様(というか今はもう友達かな?)と出会っちゃいました。

うーんなんかこんな日もあるんだなあ~と思いつつも、でもまあ、人との出会いなんて基本的に偶然、、、それが必然的なモノになるのか、それとも自分でそうしていくのか、は、わからないですけど。
偶然出会った人間が、大切な友人になったり、そうでなかったり。
たまたま隣に座った人間が、かけがえのない人になったり、全然そうでなかったり。
うーん考えるとなんか面白いけど、結局「相性」みたいなもんなんでしょうね。
多分。


BGM : Noah's Ark / CocoRosie
なんか……最近この日記、終わり方がいつも「頑張ります!」みたいな感じですね。。。

自分で書いてて思いましたが。

最近は「他人とコミュニケーションをとれる」ってことに感謝!って感じです。

えーとですね、「自分にとって大切な人」が海外に留学してるんですよ!
で、そうすると、やっぱり今までのようにはコミュニケーションとれないですよね。。。
でもだからこそ、今までなにげに連絡とってたこととか、なんとなく一緒にいた時間てのは、貴重だったんだなーと思っています。
なかなか自由に連絡がとれないからこそ、わかったことなんですが。

なので、(できるだけ)誰に対しても、もうちょっと大切に、というか「時間を共有してるね!」っていう感覚を大切にしていきたいなーーなんて思いました。

遠いイタリアの空の下で彼女も頑張ってると思うんで、やっぱり僕も頑張ります。

BGM : The Scientist(~A RUSH OF BLOOD TO THE HEAD) / COLDPLAY
最近寒くなりましたねーー。
立川の街は、夜はもう、ちょっと寒いです。

なんだか台風も遠慮がちに通り過ぎてったようで、、、あっという間に秋ですね。
時間の経つのってはやいなーーーと思います。

3連休最後の日は、皆さんどう過ごされましたか?
僕はいつもどおり仕事ですよーー!

なんだか、結局、笑ってても泣いてても、怒っててもふてくされていても、同じように時間は過ぎていきますよね。。。(当たり前か。)

でも最近は、そんな過去(の経験)が無駄じゃなかったんだなあ~って思うことがよくあります。

「あ~あのときのアレが、いまコレに活きてるな~~」とか。

なんか、無造作に掴んだパズルのピースがピッタリはまっちゃって、「おおっラッキー!」みたいな感じ。(余計分かりにくいですか?)


でもどうせ同じ時間を過ごすのならやっぱ笑って過ごしたいよね~と思って、ちょっと考えたんですけど、、、僕にとっては「ちょっとした達成感」みたいなのがポイントみたいです。

なんか、「よーっし、今日も頑張るぞーー!」とか言って、ホントはたいして頑張らない日が多かったりするんですが(笑)。。。
でも、ほんのちょっといつもよりひと頑張りして、帰るときに「なんか今日は俺、ちょっとやったな(頑張ったな)…」とかって思いながらお気に入りの曲かなんかかけて、しみじみするのが(精神衛生上)良いみたいです。

例えばこの日記を「明日でいいや」っていうのと「今日書いちゃおう!」っていうのは、微妙な差なんですけど、違う、みたいな。。。

まあ、「もうひと頑張り」って、かなり難しいんですけどね~~。

まあ甘いモノでも食べながら、まだまだ頑張りたいと思っています。。。


今日からこのDiary、blogにしてみました~!
今後ともよろしくお願い致します。。。


BGM : PEOPLE GET READY(~LIVE!) / CURTIS MAYFIELD
えっ?一昨日の「早起き宣言」がどうなったか知りたいですって??

しましたよ。ちゃんと。早起き。


そのぶん、昼寝もしましたけどねっ!

まあ、充実した休日だったと思います。

それはそうと、最近、技のレパートリーが少しずつ増えて嬉しいです♪

日々これ勉強!
って感じですかね。

あっ「技」ってのは、タイ古式マッサージにはいろんな技があって、それのことです。
なんか技が増えると強くなった気がするのは気のせいでしょうか……?

たぶん気のせいですよね、、、、ていうか、早く試してみたくなります。
なんか若い頃にテレビで見たプロレス技を見ようみまねで友人にかけてた気分。。。(あくまでも気分です。仕事のときはきちんとモノにしてからかけてます。当たり前か。)

で、60分コースなら60分、90分コースなら90分、と時間が決まっているので、新しい技を覚えたら、当然、今までの技のどれかをやめて、こっちにしようとか、、、いろいろ考えるわけです。

最初この技やって、次はこれ、、、、、、締めはやっぱいつものヤツか???みたいな。(これを「組立」といいます。)

もちろん、「組立」はお客様の症状に合わせて一人一人違うんですが、これを考えるのがまた楽しいんですよ!(僕の場合は、大体の基本は決めていますが。)

お客様とお会いして、今日はどの辺りがお疲れですか?
とか、リクエストありますか?とか伺って、施術に入るまでの数分の間……、、お客様といろいろとお話をさせて頂きながらも、実は頭の中では考えてるわけです。「今日の組立」を。

これが楽しいんです。凄く。
「こーしてあーしてこーやって……これでドウダ!!」
みたいな。

なんか芸術っぽくて好きです。
決められた時間内で、お客様の体調に合わせ、自分の技を披露させて頂く。
スムーズな流れを心がけて、その時間内で、僕が表現し得る最大限の「癒し」を提供させて頂く……。

うまくいっちゃったときにゃ、そりゃ、ガッツポーズです。


心の中で。


そんな感じで頑張っています。


BGM : Good Friday / (~La Maison de Mon Reve) / CocoRosie
明日は週に1度のお休みです♪

そこで明日の目標を立ててみました。


早起き宣言:

「明日は、早起きするぞーーーーっ!」


休みの日って寝すぎると損した気分になりませんか???

だから、

だから…、

頑張ります!


BGM : By Your Side(~La Maison de Mon Reve) / CocoRosie
そういえば……3連休なんですよね。
今日、気が付きました。

来週も、3連休!
皆さん、楽しんでますか?

懐かしいです。
会社員の頃は、楽しみでした。連休。
今は、全然、関係ないんですけど。

じゃあ、いま、3連休あったら、何する?
って考えてみました。

うーん……やっぱり、、、

仕事!!

してると思います。


ホームページを作り変えたり、新しいチラシを作ったり、(時間が合えば)マッサ学校時代の友人と練習したり…。
いや、ちょっとは遊びにも行くと思うんですけど。



なんだか、この仕事、好きみたいなんですよーー(笑)


BGM : Grapefruit Moon(~CLOSING TIME) / TOM WAITS
お店のために…観葉植物、買いました!

とても気に入っています。。。
いや、凄い良いと思うんですけど(自画自賛)。

というか、もう、結構前に買ったんですけど、、、誰も何も言ってくれないので、あえてここに書いちゃいます。

もし、お店で見かけたら、
「あ、植物が増えましたね」
と言ってみてください。

(たとえ、お世辞であっても)かなりヨロコブと思います。


BGM : in London / Elis Regina
(最近コレばっかですが・・・)
昨日は定休日、、、ってことで、行ってきましたタイマッサ!

マッサージ受けるの好きです。

ま、勉強も兼ねてね。。。なーんて理由をつけて。
いろいろとね、買い物とか、用事があったんですけど。
心の中はもう、これから味わうであろう「癒しの時間」で一杯なんですよ……。

で、そそくさとメンドクサイ用事を済ませて行ってきました。

 タイ古式マッサージ 80分 9200円
 (ただし純粋なマッサージは60分。
  あとは、足浴とかハーブティーとかなんだかんだで80分)

・・・・って、、、かなり贅沢!
ですよね???


いや、贅沢してきました。。。

部屋なんて、6畳くらいありますかね?
ひろーーい部屋に、マットがポツーン、、、みたいな。

ティールームがまた別室にあって、

「ゆっくりお茶をどうぞ。。。」

「これは巨峰(ブドウ?)です(ちょっと凍っているヤツね)。」

「いや、これはこれは、どうもどうも……。」
(実際はこんなこと言ってませんが。。。イメージです。)


やーーーーくつろぐ。


なんか、かんじんのマッサージはどうだったの?
を、忘れさせてくれるくらいのくつろぎ加減。

ユルユルになってしまいました。

お茶を頂きつつ、普段は食べないブドウも食べつつ(せっかくだから味わっとかないと、もったいないからさ!)、ユルユルの頭で思ったのは・・・

やっぱりタイ古式は良いなあ~~・・・。
あの、ゆっくりした施術。
心地よいストレッチ。

なんか、雰囲気が良いところで受けると、神聖な感じ?すらしてしまいます。

「2人でするヨガ」

「癒しの芸術」

って感じが、、しちゃったなあ~・・・


なんて。



ううーーん楽しい!


……勉強になったかどうかはともかく、楽しいひとときを過ごしました。。。


BGM : in London / Elis Regina
おめでとうございます☆

マッサ学校時代の友人がお店をオープンするそうです。
自分も店やってるからか、こういう話題は他人事とは思えず、なんか嬉しいですね。

オープン前はなんだか大変だったなあ~~~……と、勝手に昔を思い出していました。

なの、

で、なんか手伝いますよ!

ってことで、ホームページ作ることになりました。


ホームページ作るの、好きなんですよ…。
ここも全部自分で作ったし。
ちょうど最近、作りたいなって思ってたんです。
buaのページ全部作り直そうか……とか。

だから、なんか嬉しいですね!
いやあ~なんか勝手に盛り上がっていますが……。

カッコイイ!の、作ります!


BGM : in London / Elis Regina
自分はなんだか表現欲求?が強いみたいです。

そもそもお店をやっているのも、タイ古式マッサージを通して、自分の考える「癒し」を表現したい!
っていう気持ちが強くありますし。

自分の考える「癒し」ってなんだろう。。。

ただ単にコリをほぐす、とか体がラクになる、だけじゃなくて、
なんか、
ほっとする。
とか、
気分がスッキリする。
とか、
ほのぼの楽しい。
とか、
落ち着く。
とか。。。

そんなことを考えながら、お店の事やそれに関わるいろんな事をやっていこうと思っています。

なんか「自分のお店」っていうひとつの作品を創っているような感じです。

それが凄い楽しいです。


「自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う」


そんな感じでやっていこうと思ってます。


BGM : EVERYBODY IS A STAR(~Anthology) / SLY AND THE FAMILY STONE
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。