DiaryLet's go! 楽しいお店 LIFE

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
しばらくお休みを頂いておりました。

本日からまた、営業しています。よろしくお願いいたします。

今日からのブログは、イタリア旅行の記録をちょこちょこと書いていきたいと思います。


今回の旅は、ボローニャを基点として、フェッラーラ、パルマ、ミラノ、フィレンツェ…と、いくつかの町を廻ってきました。

大きな目的としては、ミラノ-スタジオ ジュゼッペ・メアッツァ(サンシーロ)にてカルチョ(サッカー)を観る。

というものだったのですが、それ以外にもたくさんの楽しい体験・感動する体験をすることができました。


で、

今回は、マウリツィオというゲイのかわいい(といっても40代中盤くらい?)精神科医の家に下宿させてもらいました。

あ、ちなみに僕はゲイではありません。


このマウリの家がボローニャの空港のほど近くにあるんですね。


イタリアでは-他の国でもそうかも知れませんが-部屋をシェアしたり、一緒に住んだり、ということが一般的になっているようで、これは日本の生活に慣れた僕にはちょっと戸惑いがありました。

(でも、だんだん慣れてきて、最後は頑張ってイタリア語?で感謝の言葉を述べて帰ってきました!
マウリありがとう。)


ボローニャは学生の街っぽい感じで、図書館とか行くと学生さんがみんなインターネットをしています。

たしか、もっとも古い大学があるとか聞きました。

程よい大きさの街で、結構住みやすそうな感じです。


コンビニとかファーストフードはほとんどなく、夜になると店は閉まるし、「便利さ」っていう意味ではやっぱり日本には全然叶いませんが、それはそれで良いのかな、と思います。

なんていうか、日本は便利さとか効率の良さとか、競争とか、そういうのが凄く発達しているんだなーと思いました。


写真はボローニャの町並みで、日記は明日に続きます…


ボローニャ

スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。