FC2ブログ

DiaryLet's go! 楽しいお店 LIFE

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
イタリア第3日目(2007.1.26)。


ボローニャ。

今日の予定は、彼女のレッスン(オペラのレッスン)に同行、夜は中華料理店で、彼女の留学生仲間のお別れ会(日本に帰る)に参加させてもらう…という予定です。


で、夕方からはオペラのレッスンの見学会(といっても見学するのは僕一人)です。

ボローニャの中心街に近い、マンション?の最上階に先生は住んでいました。


広く、豪華なマンションの一室でレッスンは始まります。

いかにも厳しそ~な先生が、ピアノを弾きながらいろいろと指示を出します。


僕は、ふかふかの大きなソファに座り、彼女の歌を眺めて(聴いて)いました。


僕にも聞き覚えのあるクラシックの曲…何曲か終わって、先生は、

「彼女の声は変わった?」

と、僕に尋ねてきました。


「うまく言えないけど、前よりよくなった。」

と、言うと、

「前よりも、丸くて、柔らかくて、拡がりのある、通る声になったでしょう?」

と、先生は言いました。


僕は、「そう、その通りです!」

と、言いました。



1時間弱のレッスンが、非常に濃い時間に感じられました。

なんというか、緊張感がこちらにまで伝わってくるようでした。



先生と別れ、バールでお茶をした後に、中華料理屋に向かいます。

そこには、日本からボローニャ来ている留学生たちが集まっていました。

15人くらいはいたでしょうか。

みんな初対面です。


みんな、何かの目的があって、ボローニャで暮らしています。

なんとなくでは済まされない、ここで生きていくんだ、っていう感覚が、伝わってくるようでした。


全ての人と話すことはできなかったですが、気持ちの良い人たち、だと思いました。

ああ、みんなすげえ頑張ってんだな、という感じです。


なんとなく気分よくなって、2次会へ。


ワインが美味しいです。



たぶん、普通の観光なんかでは味わえない経験。


イタリアで頑張ってる日本人-ほとんどみんな、僕より年下でしたが-たちに刺激を受けて、その日は気分良く眠りました。


残念なのは、1枚も写真を撮らなかったことです。

せめて1枚くらい、みんなと写真撮っておけば良かったな。

と、いうわけで、今日の写真は明日行くことになる、フェッラーラのバールの写真を紹介します。


明日は、意外にも今回の旅ですごく気に入った街、フェッラーラ編です。


フェッラーラのバール


フェッラーラのバール。左の小さな一軒家がバールです。
フェッラーラは素敵な街でした。
 
スポンサーサイト




    
SKIN:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。